メインイメージ画像

ネットワークの注意することは?

ワイヤレスケーブルで資料のインタラクティブを行う連絡方式の1つが無線LANになります。エネルギー波を出している基地と、コンピューターに取り付けた子機を利用して通信します。子機はPCカード型やUSBメモリ接続のものが一般的ですが、最近は、マイクロコンピューターに子機が内蔵されているコンピューターもあります。有線での無線LAN接続に比較すると、伝導体がないため、取り付けが楽、やりたい場所でネットワークに接続できるというメリットがあるのでおすすめです。最後に絶対にやらなくてはいけないのが安全対策でしょう。

ネットワークは通信に電波を使用しているので、連絡データがそのまま空中を飛んでいる事になります。それゆえ、伝導体での接続にはない安全対策が必要になります。

ワイヤレスランは、エネルギー波を使って無線LANアクセスポイント以下、親機とすると無線LAN機能を併せ持つコンピューターなど以下、子機との間で双方向通信を実地するネット環境のことです。親機と子機の双方にインストールをすることで、交信が可能になります。

電磁波の届くところなら壁などの障害物を超えて情報交換が行えるという便利さを用意しています。しかしながら、その好都合さとは逆に、悪意ある者から不正侵入の対象として狙われる環境とも感じられます。加えて、エネルギー波という、見えることのない電波を利用することは、侵入されているのが分かっていたい為、大きな脅威になります。つまり、ちゃんと暗号化方式を選ぶことが特に重要でしょう。

更新情報